【第4文型】SVOOのVは授与動詞「人+モノ」は暗記する必要ありません!

からくり英語アイキャッチ画像_第4文型_授与動詞

第4文型(SVOO)を「主語+動詞+人+もの」って暗記していませんか? SVOOのカラクリさえ分かれば、大変な暗記は不要になりますよ。第4文型の動詞は授与動詞と呼ばれるもので、その特性が理解できれば、SVOOは完璧です。今回はギブミーチョコレートのエピソードから動詞の特性をお伝えして、例文をいくつか紹介したいと思います。この記事を読めば、第4文型の暗記は一切不要になります。

第4文型(SVOO)の動詞Vは所有関係の移動を表す

戦後生まれの母親に、よく聞かされた話があります。

米兵を捕まえて「ギブミ―チョコレート」と言うと

ガムやチョコレートをくれたそうです。

「世の中にこんなに頬っぺたが落ちるほど

おいしいものがあったのか」

と言うのが口癖でした。

Give me chocolate!

厳密には

Give me a piece of chocolate!

ですが、意味は分かりますよね。

これが、実はSVOOの典型なのですが、

「ちょうだい」と言う動詞が要求しているのは、

「何を」と「誰に」だと言うことが分かります。

SVOの “I have a pen” の「have」は

「誰に」を要求しませんよね。

「私は彼にペンを持っている」

ではおかしいですからね。

つまり、giveのような「誰に」「何を」の

2つの目的語を要求するVは第4文型のSVOOの文章を作ります。

そして、兵隊さんが持っていたチョコレートは

私に移動してくれば、私のものになります。

つまりこんなカラクリです。

兵隊さん(S)、あげる(V)、私に(O)、チョコ(O)

よく見て下さいね。

「誰に」「何を」の配置関係は

」「

「誰が」「何を所有することになるのか」

に」「チョコを」

「私が」「チョコを所有することになる」

このように、要求された2つの目的語の配置「O+O」の関係は

第2の主語+所有物」の関係になっています。

私(S)、持っている(V)、チョコ(O)

兵隊さんくれる、私持っているチョコを

このような形が見えれば完璧です。

このような要求を持った動詞を

授与動詞と呼びます。

授与動詞には以下のような一覧があります。

誰かに物を

「買う」「作る」「とる」「貸す」「料理する(作る)」「送る」

誰かに情報を

「伝える」「教える」「送る」「提示する」など

全て誰かの手元から次の所有者への移動

を要求する動詞だと分かると思います。

それがこの型(SVOO)の本質なんです。

第4文型(SVOO)の例文

では実際にSVOOのVの要求を例文で確認してみましょう。

Can you buy me a new glove?

新しいグローブを買ってくれない?

「私」「グローブを所有することになる」の関係。

He made me some coffee.

彼は私にコーヒーを入れてくれた。

「私が」「コーヒーを所有することになる」の関係。

Please pass me the salt.

お塩を取ってください。

「私が塩を所有することになる」関係。

She lent me some money.

彼女は私にお金を貸してくれた。

「私が一時的にお金を所有する」関係。

Can I get you a drink?

飲み物を持ってきましょうか?

「あなたが飲み物を所有する」の関係

He cooked us a huge dinner.

彼は僕たちにたくさん夕飯を作ってくれた。

「僕らが食べ物を体内に所有する」関係。

Ayane sent Toshi a letter.
綾音はトシに手紙を送った。

「トシが手紙を所有する」関係。

He didn`t tell her the truth.
彼は彼女に真実を伝えなかった。

「彼女が(真実の)情報を所有する」の関係。

Goro taught Toshiya how to play baseball.
吾郎が寿也に野球を教えた。

how to play baseballで「野球の仕方」と言う名詞のカタマリ。

「寿也が野球の知識を所有する」の関係。

We will offer customers a satisfactory solution.
我々はお客様の満足のいく解決を提供します。

「客が解決策を所有する」の関係。

He left his wife a large legacy.
彼は多額の財産を妻に残した。

「彼の妻が財産を所有する」の関係。

My mother saved me a piece of cake.
母は私にケーキを取っておいてくれた。

「私がケーキを所有する」の関係。

このように次の所有者に移動を伴い、

「第2の主語+所有物」

の配置関係が見えると思います。

また移動を感じることが難しい文章でも、

「第2の主語+所有物」

配置関係が変わることはありません。

Studying abroad will probably cost you a lot of money.
留学はおそらくお金がかかることになるだろう。

あなたがお金を失うという犠牲なので、所有とは異なります。

もちろん「留学がお金を持っていた」わけでもないですが、

「誰かに」「犠牲を」与えると言うのが、costの要求なので、

立派な授与動詞なのです。

こちらは無生物を主語にした、かなり特殊な動詞です。

まとめ

第4文型(SVOO)のVも、やはり他動詞です。

他動詞ですが、haveのような第3文型の動詞の要求は

目的語が1つであるのに対して4文型は2つの目的語が要求されます。

第4文型の動詞を授与動詞と言います。

「あげる」のだから「誰かがもらう」ことになります。

その授与動詞Vが要求するのは「主人公」以外に

「移動させるもの」と「次の所有者」です。

移動させるものを直接目的語(direct object)

次の所有者を間接目的語(indirect object)と言います。

これは、主人公の動作が直接及ぶのがチョコで、

私には動作が直接及ばないと言うほどの意味です。

そして「O+O」の関係は

第2の主語+所有物」の関係にあります。

だから、いちいち「人+もの」と覚える必要はないんです。

He gave me(have) a drink.

He gave a drink then I have a drink.
          第2の主語所有物     

Haveが見えれば位置関係が変わってないのが分かりますよね。

「人が持っているモノ」

ただそれだけなんです。

順番で迷うことはもうないと思いますが、

万が一迷ったときには「ギブミ―チョコレート」を

是非思い出していただければ幸いです。

次回は第4文型の置き換え表現と、置き換えたときに使う前置詞toとforのどちらを使えばよいか解説します。

この記事が良かったと思ったらぽちっとして下さい/


英語ランキング

シェアする

フォローする