「確実性」を表わす副詞の位置と例文(一覧表付)

「確実性」を表現する副詞の位置と例アイキャッチ画像文

副詞の位置が分からず苦しんでいる人も多いと思います。副詞と言っても体系的には最低でも5分類あって種類ごとに現れる場所が異なります。これまでに「頻度」「様子」「いつ」「空間」「程度」の5種類解説しましたが、当サイトでは7つに分類しており今回は「確実性」を表す副詞について解説します。細かいルールが多いですが、頻度の副詞のパターンに酷似しているため、追加情報として見ていただくと楽です。

1「確実性」の副詞の位置

「確実性」表現の副詞一覧
【表】「確実性」表現の副詞一覧

確実性の副詞は文中または文頭です。

文中は複雑なので心配なら文頭で確実性を述べましょう。

ただし後述しますが、surelyは注意が必要です。

動詞と目的語に割って入らないという大原則は同じです。

そのうえでルールを解説します。

  • ①一般動詞だけなら本動詞の前
  • ② be動詞だけならbe動詞の後
  • ③ 助動詞があれば助動詞の後
  • ④ 助動詞が2つあれば、初めの助動詞の後
  • ⑤ maybeとperhapsは文頭に置く
  • ⑥意味が変わる文頭のsurely
  • ⑦ 一般動詞の否定文はdo(does)の前
  • ⑧ 助動詞の否定文は助動詞の後
  • ⑨ 助動詞の否定は助動詞とnotの間

基本的なルールは大筋で「頻度の副詞」と同じです。

では順番に例文を見ていきましょう。

①一般動詞だけなら本動詞の前

Hanako surely looks like her mother.
花子は確実に母親似だ。

Taro probably passed the exam.
太郎は多分テストに合格するだろう。

I certainly feel better today.
今日は確実に気分が良い。

Taro definitely left the house this morning.
太郎は今朝、間違いなく家を出た。

I definitely need that report on my desk by tomorrow.
明日までには、絶対、レポートを提出してください。

Taro probably thinks that he is the smartest.
恐らく、彼は自分が一番賢いと思っている。

②be動詞だけならbe動詞の後

Taro is undoubtedly a great leader.
太郎は間違いなく偉大なリーダーだ。

Jiro is probably in the office.
次郎はおそらくオフィスにいる。

There is clearly something wrong.
明らかに何かがおかしい。

Hanako is definitely unhappy at her job.
花子は絶対仕事に不満を持っている。

Jiro is undoubtedly a hard worker.
次郎は間違いなく仕事熱心だ。

The singer is certainly talented.
その歌手は確かに才能がある。

Ghandi was undoubtedly a great influence on the peace movement.
ガンジーは、間違いなく平和運動に大きな影響を与えた。

③助動詞があれば助動詞と本動詞の間

Taro will probably come.
太郎は多分来るだろう

It will certainly rain this evening.
夕方から確実に雨が降る。

Jiro has certainly forgotten the meeting.
次郎は絶対に会議を忘れている。

Taro will probably remember.
彼はおそらく覚えているだろう。

Nanako is definitely going to university.
奈々子は間違いなく大学に進学する。

Nanako has certainly given much of her time.
奈々子は確実に多くの時間を割いてきた。

We will probably eat out.
私たちは恐らく外食すると思う。

I think he will surely help you.
彼ならきっとあなたの力になってくれると思うよ。

He is undoubtedly innocent.
彼は間違いなく無実だ。

完了形のhaveと進行形のbe動詞は助動詞です。

詳しくはまた別で取り上げます。

④2つ以上助動詞がある場合、最初の助動詞の後

The train has obviously been delayed.
電車が明らかに遅れている。

Taro has definitely been working too hard.
太郎は間違いなく働きすぎている。

They have definitely been living in Tokyo for ten years.
彼らは東京に住んで間違いなく10年になる。

①~④をまとめると、頻度の副詞の位置と同じです。

動詞より前に置くのが基本です。

「様子」を表す場合は動詞より後に置きます。

様子の場合「泳ぐのが早い」みたいな感覚があるためで、

頻度は「いつも泳ぐ」のような感覚があるため、

確実性も「絶対に泳ぐ」のような感覚があるため、

このように日本語の感覚に近いものを持っていると考えておけば

そんなに混乱はしないでしょう。

以下は付属としてご覧ください。

⑤maybeとperhapsは文頭に置く

maybeとperhapsの意味は全く同じです。

ただ、maybeが通常文頭に置くのに対して

perhapsは文頭、文中、文末に置けます。

なので、文頭に置くパターンを覚えておくと良いです。

Perhaps Hanako will come.
おそらく、花子は来るだろう。

Maybe he is right.
たぶん、彼が正しい。

Probably, Hanako has gotten lost.

恐らく、花子は迷子になっているのだろう。

⑥意味が変わる文頭のsurely

Surelyを文頭に置く場合、話し手が真実だと思っていることに

対して確認を求めていることを意味しています。

Surely you didn’t go there.
あなたは絶対そこにはいってないね。

Surely you didn’t shoot a deer at that time.
あなたはその場で鹿を仕留めてないはずだ。

Surely, you’ve got a car?
あなたはきっと車を持っているでしょう?

Surely, you’re not going to wear that to the interview.
あなたはきっとその服装では面接に行かないだろう。

副詞の否定文の位置

⑦一般動詞の否定はdo(does)の前

Hanako probably doesn’t like Jiro.
花子はおそらく次郎を好きではない。

They clearly don’t enjoy this party.
彼らは明らかにパーティを楽しんでいない。

⑧be動詞の否定はbe動詞とnotの間

I was probably not a good father.
私は恐らく良い父親ではなかった。

What he said is probably not true.
彼の言葉は多分本当ではない。

He is definitely not going to change.

彼は間違いなく変わらないだろう。

It is definitely not going to snow tomorrow.

明日は絶対に雪は降らないだろう。

⑨助動詞の否定は助動詞とnotの間

助動詞の否定文を作る場合には、副詞の前に「won’t」という短縮形を使わないのが理想。

副詞の後に “not “を入れます。

Taro will probably not go there.
太郎は多分そこに行かないと思う。

Hanako will definitely not come here.
花子は絶対にここに来ないよ。

probably not” や “definitely not”のような形で挿入するのが理想です。

⑧も同じ形で挿入されていましたよね。

しかし、現実問題として「won’t」という短縮形を

使って確実性を前に置く人も多いです。

Hanako definitely won`t come here.
花子は絶対にここに来ないよ。

混乱する方は、大原則としてやらないパターンを覚えておくと良いです。

「確実性の副詞」はnotと本動詞の間には置きません。

She will not definitely come.×

She won`t definitely come.×

あくまでも「する確実性」「しない確実性」を述べるので、

「しない」と言う言葉には割って入らないと覚えておけばいいです。

「絶対にしない」とは言いますが、「し絶対にない」とは言いませんよね。

まとめ

①一般動詞だけなら本動詞の前

② be動詞だけならbe動詞の後

③ 助動詞があれば助動詞の後

④ 助動詞が2つあれば、初めの助動詞の後

⑤ maybeとperhapsは文頭に置く

⑥意味が変わる文頭のsurely

⑦ 一般動詞の否定文はdo(does)の前

⑧ 助動詞の否定文は助動詞の後

⑨ 助動詞の否定は助動詞とnotの間 ⑤ 自身がなければ文頭に置く

基本的なルールは大筋で「頻度の副詞」と同じです。

但し、頻度の副詞はnotを多用しません。

seldom, hardly, neverなど副詞自体に否定の意味が込められていて、

これらを駆使するので、notの出番が少ないのです。

(notの出番もありますが、注意点だけ詳細説明しています。)

英語と言うのは時々厄介だなって思います。

どれくらい確実なのかと言うパーセンテージが

数値化されているのはありがたいですが、

そのポジショニングは一筋縄ではいきません。

なかなか法則が分かりにくいので、

暗記に頼るところが多いと思います。

取りあえずは、①~④を抑えておいて

残りは、実際に出くわした時に見返すように

していただければ大丈夫です。

この記事が良かったと思ったらぽちっとして下さい / ▼ぜひSNSシェアもお願いします(__)▼


英語ランキング

【参考】

https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/perhaps

https://english4today.com/being-certain-adverbs-of-certainty/

https://busyteacher.org/16912-how-to-teach-certainty-uncertainty-in-english.html

https://www.englishgrammar.org/position-adverbs-certainty-place/

https://learnenglish.britishcouncil.org/grammar/intermediate-to-upper-intermediate/the-future-degrees-of-certainty

シェアする

フォローする